Powered by Six Apart

アクセスランキング

フォトアルバム

最近のコメント

プロフィール

フォトアルバム

老仁

 開かれた心でそのまんま575で交心を楽しみましょうよ、と呼びかけて交心していますが、余りにも幼稚な空想しか交心できないので、独り遊びに耽っています。  楽しい独り遊びがあったら教えてくださいね。  観自在雲雀に心遊ばする   老仁

メイン | 雪の道忍ぶ心を運びかぬ »

2011年2月 6日 (日)

晒されぬ心抱きしむ冬木立

★。・。・゜♪゜・。・。★ 復刻瘋癲老仁妄詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★

Paiko14201sarasarenukokorodakisimu1

★ 復刻瘋癲老仁妄詩z08y020201

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

晒されぬ心抱きしむ冬木立

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 いつも空っぽの、
 スッカラカンの心なんですけれど、

 これは異時空飛翔の心で、
 今世では、
 人の心に、共有されるはずもなく、

 ずっしり重くのしかかるものらしくて、
 許されるはずもない心もあるらしく、

 あるいは、常軌を逸脱していると咎められたり、・・・

 だから、生身の心は、
 今世の中で、
 やっぱり、ずっしり重さを引きずって、

 こっそりと、枯れ野を歩き、
 一人抱きしめては、
 枯野に埋葬するのでした。

 埋葬した枯野の穴蔵から、

 空っぽの心に戻って、
 異時空へ、翔ていく。

 生身の心は、
 やっぱり、痛々しくて、
 愛おしくって、

 もう一度、掘り起こしては、
 しっかり抱きかかえて、
 今世を、隠れるように、
 通り抜けていくのでした。

 抱っこして、負んぶして、
 埋葬して、

 抱っこして、負んぶして、
 埋葬して、

 空っぽの心で、
 銀河の外で遊ぶのでした。

★★★  『 晒されぬ心抱きしむ冬木立 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 14201z08y0202  よりの【 転載 】です。 ★★★

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  『 けーすぐり溺れていらい吾泳げず 』 ★ 交心俳句11y020502 へどうぞ!!! ★★★

★★★  『 今日のそのまんま575で交心 11年02月 05日 』 晒されぬ心抱きしむ冬木立  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  良寛の歌0930『 草の庵に立ちても居てもすべぞなき海人の刈る藻の思ひ乱れて 』 へどうぞ!!! ★★★

★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/525337/25947221

晒されぬ心抱きしむ冬木立を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。