Powered by Six Apart

アクセスランキング

フォトアルバム

最近のコメント

プロフィール

フォトアルバム

老仁

 開かれた心でそのまんま575で交心を楽しみましょうよ、と呼びかけて交心していますが、余りにも幼稚な空想しか交心できないので、独り遊びに耽っています。  楽しい独り遊びがあったら教えてくださいね。  観自在雲雀に心遊ばする   老仁

« 雪の道忍ぶ心を運びかぬ | メイン | 観音に抱かれ眠りし春の宵 »

2011年2月10日 (木)

道行きも叶わぬ果ての雪女郎

★。・。・゜♪゜・。・。★ 復刻瘋癲老仁妄詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★ 『 道行きも叶わぬ果ての雪女郎 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 14203z08y020303  よりの【 転載 】です。 ★★★
  

 ★ 瘋癲老仁妄詩z020303

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

         道行きも叶わぬ果ての雪女郎

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 雪の道を歩きつづけて、
 熱い念いは、いよいよ、熱くなるばかりです。
 そして、その念いは、また、細く、
 丸く、
 琴線のように、
 透明になっていくようです。

 そして、また、熱く、
 自らの熱さで、溶けていきそうです。

 その先にあるものは、
 琴線が亡びゆく一筋道、

 琴線が解放される一筋道、

 妄詩は、陥穽に待ち伏せされて、
 滅びの道へ、誘い込まれていくのでしょうか・・・

 けれど、そこに、待っていてくれた雪女郎さんに、
 熱い心を、冷ましてもらい、
 熱い念いを、中和してもらい、

 そこへ、愛呼も現れて、
 三人で、雪合戦もして、

 光は和らげられ、
 雪まみれになって、

 日常に帰還してきたのでした。

 若い頃の、入水妄念が、
 今でも、ときどき、想起されるようになってきたのは、

 何の予兆なのでしょうね・・・

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★ 今日のそのまんま575で交心11年02月10日『 幻影のひとのなお呼ぶ雪の道 』  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  万葉集14ー3351『 筑波嶺に雪かも降らる否をかもかなしき子ろが布干さるかも 』  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  『 探梅もかねつ峠へ水汲みに 』 ★ 交心俳句11y020601  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  『 愛不仁愛は身ぐるみ剥がすものそれでも残る愛は揺るがず 』 ★ 瘋癲老仁妄詩 135z04z08z0119  へどうぞ!!! ★★★
  

★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/525337/25967104

道行きも叶わぬ果ての雪女郎を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。