Powered by Six Apart

アクセスランキング

フォトアルバム

最近のコメント

プロフィール

フォトアルバム

老仁

 開かれた心でそのまんま575で交心を楽しみましょうよ、と呼びかけて交心していますが、余りにも幼稚な空想しか交心できないので、独り遊びに耽っています。  楽しい独り遊びがあったら教えてくださいね。  観自在雲雀に心遊ばする   老仁

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月26日 (木)

億年の旅を始める朧月

★。・。・゜♪゜・。・。★ 復刻瘋癲老仁妄詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  『 億年の旅を始める朧月 』★瘋癲老仁妄詩136z01z08z0125 への交心です。 ★★★

Paiko13601okunennotabiwohajimeru1w2

  ★ 復刻瘋癲老仁妄詩z08z012501

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

          億年の旅を始める朧月

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 星人さん、はじめまして、瘋癲老仁です。

 ほんとうに、小難しい小理屈の多いところへおいで頂いて恐縮です。
 でも、ありがとうございます。

 そうですね、ふうてんの寅さんのように、
 飄々と生きていければ、
 最高ですけれどね・・・

 そんなふうに、生きていきたいのは夢夢ですけれど。

 それができず、
 小理屈の幼稚な夢を詠いつづけています。

 ふうてんは、瘋癲老人の瘋癲で、
 恍惚老仁なんですよ。

 ボケの醜態晒しているんです。

 はい、これから、
 その恍惚で、
 愛呼と一緒に、
 地球46億年の始原の旅へ
 旅をしようと思っているところです。

 愛呼は、老仁のひとり遊びの相手をしてくれる妖精です。
 かわいい妖精と
 恍惚老仁が、
 地球創世の現場を旅しようという
 弥次喜多道中を
 晒します。

 楽しくてしょうがないのですけれど、
 無知無恥晒しの旅にもなるのでしょうね・・・

 いろいろ突っ込み入れてもらえると、
 面白くなるんですけれど・・・

 よろしくお願いします。

★。・。・゜♪゜・。・。★ 【 今日の愛語は 】 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★ 今日の愛語x11v052602『 わたしはちっとも特別じゃない 』

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

わたしはちっとも特別じゃない。
路傍の花と同じなんだ。
雨風と違いはしない。
犬も猫も友だちだよ。
みんなといっしょにしっかり生きているんだ。

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★ 『 杜鵑ついに幻の恋となる 』★交心俳句003z01z08v0522 へどうぞ!!! ★★★

★★★ 今日のそのまんま575で交心11年05月26日『 抱きしめて芯共振す夏薊 』  へどうぞ!!! ★★★

★★★ 『 墜落も観音の手の中の花 』★瘋癲老仁妄詩136z06z08z0127  へどうぞ!!! ★★★

★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★

2011年5月20日 (金)

五月雨や暇の手すさび句を遊ぶ

★。・。・゜♪゜・。・。★ 復刻瘋癲老仁妄詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  『 五月雨や暇の手すさび句を遊ぶ 』★瘋癲老仁妄詩320z01z08v0521  よりの転載です。 ★★★

Paiko32001samidareyahimano1w2

  ★ 復刻瘋癲老仁妄詩z08v052101

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

        五月雨や暇の手すさび句を遊ぶ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 一閑仁となって、天地を遊べ。

 風の音に、
 そんな声が聞こえてきて、

 雲の光に、
 体が浮遊する。

 昨日の雨で、
 狭い畑は、水浸しになったようでした。

 今朝は、すっかり晴天。

 また、前耕後読です。
 午前中鉢菜園で遊んで、午後妄詩で遊ぶんですよ。

 菜園の野菜さん達は、一気に、伸びたように感じます。

 草呼菜園のキュウリが実をつけました。
 花の根本が、もう、キュウリの形をしていて、産毛まで生やしているのです。キュウリの赤ちゃんなんですね。

 愛呼が来て、そっと抱くと、キュウリの赤ちゃん、にっこり微笑んで、オーラ放ちます。
 愛呼の愛語が、光のようにキュウリさんを活気づけるのでしょうね。
 愛呼に倣って、仁も、キュウリさんに、愛語を交わして、美味しく育ってもらいます。

 けれど、
 天災人災止まることなく、
 食べるものも食べれないで死んでいく子ども達がたくさんいるんです。こんな遊び三昧に呆けていることが苦しくなることもありますけれど、・・・分かち合いが広がっていくことを願いつづけます。

★。・。・゜♪゜・。・。★ 【 今日の愛語は 】 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★ 今日の愛語は『 泣きたい時は、泣けばいい 』x11v051901

――♪♭♪―――――――――――――♪♭♪――

泣きたい時は、泣けばいい。
心が空っぽになるまで泣くがいい。
心が空っぽになれば
泣いた理由も空っぽになるんだよ。

空っぽの心から、また、元気が湧いてくるんだよ。

――♪♭♪―――――――――――――♪♭♪――

★。・。♪。・。★ すべてのエネルギーを被災地に向けよう ★。・。♪。・。★

★ 鎌田實さんの『 原発事故239b「なげださない」(集英社)の文庫版が本日、発売 』11v0520【転載】

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

「なげださない」(集英社)の文庫版が本日、発売。

今、日本で大変なことが起きている。
ふるさとが傷ついた。大切なものを失った。
でも、未来を信じて、なげださない人たちがいた。
悲しくても、つらくても、笑顔を忘れず、立ち上がろうとする人たちがいる。
強くて、あたたかくて、やさしい国になるために。

ちょっとしんどいと、親は子どもをなげだし、
子どもは老いた親をなげだし、
メーカーも、商社も、信用をなげだしてしまう。
ちょっとつらいと勤め人は会社をなげだし、政治家もこの国をなげだしてしまう。
困難のなか、なげださずに、丁寧に生き抜く人たちのことを書きたいと思った。

命の底力を伝えたい。

チェルノブイリ、震災、癌、アルコール依存、ヒロシマの原爆・・・。
困難のなかで傷つきながらも、自分らしさにこだわって生き抜いた人たちの物語。

チェルノブイリの放射能汚染で、地図から消えた村で生きる人々のことを書いたが、まさか、自分の国がこんな状態になるとは思っていなかった。
最も今日的な問題が書かれている。

集英社文庫は6冊目。630円。

ぜひ、お読みください。

鎌田實 2011年5月20日 (金) 13時06分 | 固定リンク

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

☆☆☆ 鎌田實さんの、 『 原発事故239b 』 へどうぞ!!! ☆☆☆
   

☆★☆ ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために  ☆★☆

★。・。♪。・。★ 立ち上がろう ★。・。♪。・。★

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★ 『 麦秋や荒ぶる星と畏るべし 』★写真俳句08018z01z08v0514  へどうぞ!!! ★★★

★★★ 今日のそのまんま575で交心11年05月20日『 朧夜の観音御手の冷たかり 』  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  『 今日の出来事、雑談、交流広場 11年05月20日 』   ☆☆☆   「置き畳」を持つ店主の島田一夫さん=御所市御国通り1丁目  ■ 「避難所の床は硬く冷たい」  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  良寛さんの歌を遊ぶ0128x04x01『 逝く歓喜君にも分かたん野の菫 』x11v0517  へどうぞ!!! ★★★

★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★

朧夜の観音御手の冷たかり

★。・。・゜♪゜・。・。★ 復刻瘋癲老仁妄詩 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  『 朧夜の観音御手の冷たかり 』★瘋癲老仁妄詩321z01z08v0519  よりの転載です。 ★★★

Paiko32101oboroyonokannonmite1w4

★ 復刻瘋癲老仁妄詩z321z01z08v0519

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

朧夜の観音御手の冷たかり

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

 昨日は朧月の心も妖しくなるような時空を遊泳しました。
 夜空を遊泳して、一休みしたところが、木香観音の掌だったんです。
 仁を休ませるために木香観音が大きくなったのか、飛翔しやすいように仁が小さくなったのか、わかりませんけれど、観音の掌で、微睡んだのでした。

 微睡みの中にも、木香観音が現れて、今度は仁と等身大で、女性の姿をしていました。
 その御手で、仁の体をゆるやかに撫でてくれるのでした。
 その御手が、ひんやりと冷たくて、とても心地いいのです。
 微睡みの中で、また、微睡んでいく仁がいました。
 その微睡みの中に、また、木香観音が現れて、同じことをするのです。
 何度、同じことがくり返されたのでしょう。

 その中で、微睡みから覚めて、少し元気になると木香観音が微笑んで、そして去っていくのです。
 去らないで、と追い縋ろうとすると、夢から覚めて、そこに木香観音が微笑んで立っていました。そしてまた、去っていきます。そして、仁は、観音を追い縋り、目を覚まし・・・何度同じことをくり返したのでしょう。

 目が覚めると、夜空のおぼろ月は、もう、ずいぶん中天に上っていました。

 頬に、木香観音の御手のひんやりとした感触が残っていました。

 

★。・。・゜♪゜・。・。★ 【 今日の愛語は 】 ★。・。・゜♪゜・。・。★

 自分の考えだからといって、拘らないようにしようよ。
 足りないところがあるかもしれないし、
 間違っているかもしれないし、
 人に受け入れられないかもしれないよ。

 人にも話し、
 本を読んで、別の考え方も学び、

 いつでも新しいものに変えていけるようにやわらかくなろうね。

★。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★。・。・゜♪゜・。・。★

★★★  『 春雨や木香観音の坐ます森 』★瘋癲老仁妄詩301z01z08x0308  へどうぞ!!! ★★★

★★★ 『 汝が熱き思い抱きて明日香川遡りても逢いに行くらむ 』万葉の恋001z01z07n1113  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★  良寛さんの歌を遊ぶ0128x04x01『 逝く歓喜君にも分かたん野の菫 』x11v0517  へどうぞ!!! ★★★
 

★★★ 今日のそのまんま575で交心11年05月18日『 麦秋や荒ぶる星と畏るべし 』  へどうぞ!!! ★★★
 

★。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★。・。・゜♪゜・。・。★